社長挨拶

東京製綱 代表取締役社長 中村裕明

私達東京製綱グループは、当社製品が環境に多大な影響を与える事を自覚し、関連法規順守は元より、環境に配慮した製品開発・操業改善を今日まで進めてまいりました。

例えば、落石対策分野に当社が開発・上市したロープネット(立木を切らない)工法、マイティーネット(斜面緑化を促す)工法は、今日関係各位から広く認知され、汎用工法にまで育ちました。又、再生可能エネルギーとして普及が進む太陽光発電分野では、当社極細・高強度ワイヤがその一端を担っています。当社はこれまで、環境調和・省エネルギー・廃棄物削減を目的に多種多彩な製品を開発してきました。それらは各市場において非常に高い評価と信頼を得ております。

一方で今日、経済成長著しい新興諸国におけるインフラ整備需要は拡大の一途を辿っており、環境問題は益々重要課題化しています。当社は成長需要捕捉を目指すと同時に、更なる技術革新を成し遂げ世界の環境保全に寄与したいと考えます。

「変化に対応する企業」ではなく「自ら変化をリードする企業」となり、今後も社会に貢献する企業であり続けることが、私達の使命です。東京製綱グループの環境保全と社会安全への取り組みに、引き続きご期待下さい。

東京製綱株式会社 代表取締役社長 中村 裕明