トップからの期待

写真:猪瀬 迪夫

「トータルケーブルテクノロジー」を支える「タフ人材」に成長することに
喜びを見い出せる人を求めています。

当社は創業以来120年以上の長きにわたり、ワイヤロープを始めタイヤコードや長大橋ケーブル等の総合ケーブル・メーカーのパイオニアとして、日本の産業活動の発展と安全の基礎を支えてきました。また様々なエンジニアリング製品を通じて、ライフラインの安全確保と社会資本の充実にも貢献してきました。
このような歴史を背景に、新たなグローバル時代においても、世界をリードする企業として存在し続けるために、中長期ビジョンとして『トータルケーブルテクノロジー』の追及を掲げ、日々前進を続けております。

『トータルケーブルテクノロジー』とは、(1)超高強度スチール、高機能繊維、炭素繊維など多くの先端素材によるケーブル製造のラインナップと、(2)使用されるフィールドに即した様々なケーブル加工技術に加え、(3)健全性診断や、エンジニアリングといったソリューションを融合して、(4) グローバル市場に、グローバルに展開した拠点から、画期的な商品・サービスを提供できる東京製綱固有の強みを一言で表現しています。

この『トータルケーブルテクノロジー』を推進して行くのが『タフ人材』です。海外拠点で活躍できるような柔軟性、行動力、交渉力、倫理観を備えた人材、考え抜いて新しいテーマに向かって手を挙げることのできる人材が、これからの東京製綱を支えていくと考えます。

私は、当社の社員として私たちと共に働いていく方には、『タフ人材』への成長を目指して頂きたいと思います。成長のためにはもちろん自分自身の努力も必要となりますが、会社も充実した研修制度により、成長を全面的にサポートします。 自らの成長に喜びを見い出せる人にこそ、ぜひ当社の門を叩いて頂きたいと考えています。

東京製綱にはあなたの熱意と能力を発揮できるフィールドがあります。


東京製綱株式会社取締役社長 中村裕明


ページの上部へ