エンジニアリング事業部 環境建材部 金子 則夫

設計を通じて、落石や雪の災害から人々の安全を守る。

写真:金子 則夫のインタビュー風景

自然災害から道路や建物を守る、防護ネットやフェンスなど安全施設の設計に携わっています。地形・地盤に合わせて設計するため、現地の山へ登って急斜面の測量をすることもしばしば。車で走っている時などに、自分の設計した施設を山肌に見かけると、実際に役立っているやりがいを感じます。一番思い出深いのは、3.11の震災直後に仙台支店へ転勤になったこと。復興活動で大変な時に、経験の浅い自分が戦力になるのかと最初は不安でした。積雪地帯であるため、落石防護網にしても雪の重み考慮した設計が必要であり、図面も計算書も特殊。しかし仙台支店で2年間、難易度の高い案件を数多くこなした経験が、自分を成長させてくれたと感じています。今後もさまざまな経験を積み、お客様からも周囲からも頼られる存在を目指していきたいです。

ページの上部へ