東京製綱と環境

TOKYO ROPE MFG.CO.,Ltd. 明日へつながる

1887年、弊社はロープ産業のパイオニアとして、日本で初めてマニラロープの製造を開始しました。その後まもなく、ワイヤロープの生産に着手し、近代産業の百花繚乱を支えてきました。
「つねに新しい時代を見つめ、いいものを社会のために」という創業以来の開拓者精神は、ロープの世界を広げ、信頼される製品を次々と生みだしてきました。このたゆまぬ努力と確かな技術の歴史は、安全・安心・喜びを明日へつなげていきます。

製造

過去から受け継がれた弊社の製造技術は、確かな品質管理と安定供給に結実し、先進性の高い製品づくりを通して明日へつなげていきます。

開発

ロープ業界のトップメーカーとしての誇りと情熱は、時代を先取りした開発製品を次々に誕生させることで明日へつなげていきます。

行動

日々変化する生活環境の中で、高次元の安全性と快適性が求められています。弊社は、環境にやさしい社会の持続的発展に貢献していきます。

環境方針

  1. 当社は、環境保全活動を推進させるためのシステムを確立し継続的に改善を行います。
  2. 当社は、事業活動について環境影響評価を行い、その結果に基づき環境目的・目標を定め、見直しを行います。
  3. 廃棄物の削減、リサイクルの推進、省資源、省エネルギー、グリーン購入、環境配慮の製品設計に取組み、汚染の予防に努めます。
  4. 当社は、環境に関する法規制及び当社が同意するその他の要求事項を遵守します。
  5. 環境方針や、環境保全活動を全従業員に周知し意識向上を図ります。
  6. 環境方針は、広く一般に開示します。

企業行動指針

当社は、社会にとって有用な存在であり続けるために、次の原則に従って行動します。
社員全員は、日常業務のあらゆる場面で、これらの原則を拠り所に行動します。

  1. 私たちは、お客様の信頼に応えて常にベストの製品を提供し、安全で快適な社会を支えます。
  2. 私たちは、法令及び社内の諸規則・諸基準を遵守し、社会的良識に従って行動します。
  3. 私たちは、業界における公正・透明かつ自由な競争を妨げる行為は一切行いません。
  4. 私たちは、株主利益の最大化に努め、常に適正な財務報告と企業情報の積極的開示を行います。
  5. 私たちは、省エネルギー、資源の有効活用と再資源化、環境負荷物質の制御等を通じて、環境保全の責務を果たします。
  6. 私たちは、働きやすい職場環境を作り、不当な差別を排除すると共に公正な評価と人材育成に力を注ぎます。
  7. 私たちは、国内外を問わず地域社会との融合に努め、その発展に貢献します。
  8. 私たちは、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力および団体とは、いかなる関係も持ちません。
  9. 私たちは、外部の変化に目を配り、現状に安住することなく絶えず自己を変革し、変化を生み出す原動力となります。

沿 革

1887年
東京製綱会社設立
1893年
商法制定により社名を現在の東京製綱株式会社に改める
1896年
東京株式取引所に上場
1897年
深川工場設立(国内初のワイヤロープ製造を開始)
1906年
小倉工場(ワイヤロープ製造)設立
1925年
川崎工場(ワイヤロープ・麻ロープ製造)設立
1951年
研究所設立
1968年
東京製綱繊維ロープ株式会社設立
1970年
川崎工場移転拡張し、世界的規模の土浦工場を設立
東京製綱スチールコード株式会社設立
株式会社東綱機械製作所設立(鋼索鋼線製造用機械製作)
2004年
中国江蘇省に江蘇東綱金属製品有限公司を設立(橋梁用ワイヤの製造)
2005年
中国江蘇省に東京製綱(常州)有限公司を設立(タイヤ用スチールコードの製造)
北上工場(現:東綱スチールコード(株))、環境マネジメントシステムの運用開始
2006年
北上工場(現:東綱スチールコード(株)):ISO14001の認証取得
ベトナム ビンズオン省に東京製綱ベトナム有限責任会社を設立(エレベータロープの製造)
2007年
土浦工場:ISO14001の認証取得、堺工場:ISO14001の認証取得
2010年
地球温暖化ガス削減対策委員会設置
2011年
炭素繊維ロープ工場設立(現:蒲郡工場)
2013年
東京製綱繊維ロープ株式会社(東京製綱株式会社蒲郡工場を含む):ISO14001の認証取得
2015年
青森県八戸市で大規模太陽光発電所を設置し運転開始
http://www.tokyorope.co.jp/info/assets/pdf/20150513_4.pdf