東京製綱カテゴリーメニュー

東京製綱のホームページ内での現在位置
HOME > 製品情報 > ワイヤロープ > クレーン用ワイヤロープ

ここからコンテンツがスタートします

クレーン用ワイヤロープ:ワイヤロープ

近年、運搬荷役作業の合理化に伴ってクレーンの利用度が高まるなか、それぞれの用途に適応するため、クレーンの構造や機能は多様化しています。
ロープは、クレーンの消耗部品であるとの考えから、比較的粗末に取り扱われる傾向がありますが、ロープに対する取扱者の知識の不足や不注意により重大災害にいたった例は少なくありません。
クレーンの機能の多様化にともない、使用されるワイヤロープの特性も目的に応じて厳しくなってきています。


用途別ロープ明細(一般的なクレーン)

巻上索・横行索

6×37、6×Fi(25)、6×Fi(29)、6×WS(31)、6×WS(36)

起伏索

IWRC6×WS(31)、IWRC6×WS(36)

支持索(ペンダント)

6×WS(31)、IWRC6×WS(31)

グラブ開閉索

6×WS(31)、6×WS(36)、6×WS(41)

ロープ構成

丸線ロープ

6×37

6×Fi(25)

IWRC6×Fi(25)

6×Fi(29)

IWRC6×Fi(29)


6×WS(26)

IWRC6×WS(26)

6×WS(31)

IWRC6×WS(31)

6×WS(36)


IWRC6×WS(36)

6×WS(41)

IWRC6×WS(41)


異形線ロープ

6×P・WS(26)

6×P・WS(31)

6×P・WS(36)

IWRC6×P・WS(26)

IWRC6×P・WS(31)


IWRC6×P・WS(36)


非自転性ロープ、特殊ピッチロープ

タフナフレックスロープ
P・S(19)+39×P・7

モノロープSP
4×F(40)

モノロープEP
3×F(40)


ロータレスロープ

建設現場が狭くなり、また、建物の高層化が進む近年では、移動式クレーンの主流がトラッククレーンからラフテレーンクレーンへと変わっています。ラフテレーンクレーンは、車体のコンパクト化とともに高揚程化も実現しているため、都市部における高層ビルの建築には、大変有効です。
ただ、車体のコンパクト化によって、巻取りウインチもコンパクト化が進みドラム幅が狭くなるため、ロープを多層巻きにせざるを得ないという問題が生じます。多層巻きにした場合、ロープは強擦を受けて形くずれを起こしやすく、さらに高揚程のため、からみつきが発生しやすくなります。その2つの問題を解決すべく開発されたのがロータレスロープと呼ばれるロープです。

SeS(39)+6×WS(26)

SeS(48)+6×WS(31)

SeS(48)+6×WS(36)


スーパーコートロープ

ワイヤロープには、繊維心入りロープとロープ心(鋼心)入りのロープがあります。高い破断荷重を必要とする場合は、ロープ心入りロープが使用されていますが、欠点として、内部摩擦及び内部腐食が起こることにより、繊維心ロープに比べ、短命となっています。
スーパーコートロープは、従来のロープ心の代わりに、樹脂被覆したロープ心を入れたものです。これにより、側ストランドとロープ心との直接の接触をなくし、内部磨耗の防止や断線発生の低減が図れ、ロープ全体の寿命が長くなります。スーパーコートロープは、疲労試験により次の優れた特長が得られております。

  • 一般ロープに比べ、1より間10%断線時までの繰り返し曲げ回数が約20%多くなっているため、廃棄基準までの寿命が長くなります。
  • 外部断線の割合が多く、さらにIWRC断線は非常に少なくなっているため、外観目視点検の容易なワイヤロープとなっております。


ここから製品情報のメニューになります