ページ内を移動するためのリンクです

積雪地関連製品 雪崩防止施設

効率良く法面の積雪を受け止め雪崩を防止します。
周辺環境に配慮した景観性に優れたタイプもご用意しています。

吊柵式スノーガード

  • アンカーとワイヤロープにて柵本体を固定している吊式の雪崩予防柵です。斜面状況に合わせた柵構造(横梁の形状や柵長)を選定することにより、整形斜面(法面)だけでなく自然斜面にも馴染ませた設置が可能です。主に積雪深4m以下の斜面に適し、「全層雪崩」「表層雪崩」を防止します。
  • 土質に応じた専用アンカーを選定することにより、軟弱地盤でも斜面上での掘削作業はほとんど発生しません。
  • ボルトとナットによる組立式なので運搬や施工のみならず撤去、再設置も容易です。

ΔONE(デルタワン)

  • 支柱を法面に対して鉛直に設置することにより、雪庇の発生を抑制し雪崩のリスクを大幅に低減します。
  • 支持ロープを必要としないため、積雪の沈降力による柵本体の起き上がりの心配がありません。
  • 鉛直設置により従来の雪崩予防柵のような不安感や圧迫感がありません。
  • 吊ロープによる設置の場合、従来柵よりアンカーまでの距離が半分以下になります。狭いスペースでも設置することができます。

NETIS登録番号:HK-160002-A

スノテップ

  • 小段付法面において、既存小段を拡幅して雪崩を抑止する吊式の小段拡幅工です。
  • 既存小段を有効活用しますので、経済性に優れています。
  • 他工法と比べてコンパクトなので、圧迫感を開放しシーズンを通して景観性にも優れています。
  • 柵本体を水平に設置することにより、雪庇の発生を極力抑えます。
  • 小段上でのアンカー打設及び組立なので、作業の安全性を向上します。ボルトとナットによる組立式なので維持管理も容易です。

NETIS過去登録番号:HK-040009-VE

タコ式スノーガード

  • アンカーとワイヤロープにて三角錐状の枠組を固定している吊式の雪崩予防工です。
  • 土質に応じた専用アンカーを選定することにより、軟弱地盤でも斜面上での掘削作業はほとんど発生しません。
  • 整形斜面(法面)だけでなく自然斜面にも設置が可能です。景観に配慮した間伐材を利用したタイプもあります。
  • ボルトとナットによる組立式なので運搬や設置のみならず撤去、再設置も容易です。
  • 主に積雪深3m以下の斜面に適し、「全層雪崩」を防止します。

スノーブリッジ

  • 主柱および支柱を斜面の中腹にコンクリート基礎で固定する雪崩予防柵です。
  • 土質条件が良く、等高線のそろった均一斜面に適しています。
  • 景観に配慮したタイプもあります。(ウッドカバー型、ウッド型)
  • 主に積雪深6m以下の斜面に適し、「全層雪崩」「表層雪崩」を防止します。

積雪地用ロックフェンス

  • 無雪期の落石防護と積雪期の雪の沈降力による金網の破損防止を目的とした落石防護柵です。

お問い合わせ

ページ上部へ