ページ内を移動するためのリンクです

法面関連製品 落石防護柵

さまざまな落石パターンをデータ分析し、高い安全性を確保する落石対応製品を開発いたしました。
設置状況に合わせ豊富なラインナップを揃えています。

ロックフェンス

可能吸収エネルギー:〜50kJ

  • 金網とワイヤロープ、支柱の塑性変形によって落石エネルギーを吸収する構造です。
  • 一般に道路際にコンクリート基礎とともに設置します。
  • 支柱間隔は3.0mを、柵高は1.5~6.0mまでを標準仕様としており、直柱または曲柱も選べます。
  • 間隔保持材により落石の「すり抜け」現象を防ぎます。
  • 設置・組立作業が簡単です。取替工、後施工の容易なベースプレート式もあります。

NETIS過去登録番号:SK-030013-A

ベースプレート式ロックフェンス

可能吸収エネルギー:〜50kJ

  • 既設の擁壁または安定した岩盤などにアンカーを使用して固定するため、大規模な擁壁工事や掘削が必要ありません。
  • 支柱をアンカーボルトで固定する方式により大規模な工具・機具類が不要で、短期間で容易に施工することができます。
  • 支柱が塑性変形するまでの荷重に耐え得るアンカーを採用することにより、埋め込み型ロックフェンスと同等の性能を発揮します。
  • 施工場所の勾配にあわせたベースプレート式支柱の製作が可能で、擁壁等が傾斜している場合でも施工することができます。

ロックガード

可能吸収エネルギー:〜120kJ

  • ロックフェンスの支柱を強化することにより、主に金網とワイヤロープで落石エネルギーを吸収し、支柱の変形がほとんど起こらない構造です。
  • ロックフェンスと同様に道路際にコンクリート基礎とともに設置します。
  • 標準支柱間隔を6mと広くし、その中央に基礎に固定されない補助中間支柱を設けます。柵高は1.5~3.0mまでを標準仕様としています。
  • 間隔保持材により落石の「すり抜け」現象を防ぎます。

マウントロックフェンス

可能吸収エネルギー:〜30kJ

  • 金網とワイヤロープ、支柱の塑性変形によって落石エネルギーを吸収する構造です。基礎は、コンクリートでなく鋼管のため、コンクリート基礎工事が不要となり地山を痛めず景観も損ねません。
  • 可能吸収エネルギーは約30kJですが、落石発生源近傍に設置可能なため、落石エネルギーが小さいうちに捕捉させます。
  • 施工場所を選ばないため、落石の可能性がある急傾斜地山腹に設置することが可能です。
  • 山腹に施工する際は、ロックフェンスに比較し、施工が容易で経済的にも優れ、強度と美観を両立させた工法です。

NETIS登録番号:KT-080032-VE

S・シールド

可能吸収エネルギー:〜100kJ

  • S・シールドは新たな緩衝機構により、斜面からの落石をスマートに防護する鋼管型落石防護柵です。
  • スライド緩衝機構により、衝突エネルギーの分散や吸収を効率的に行っています。
  • エアハンマー式削孔機により下部工を設置できるため、ダウンザホールハンマ等の大掛かりな杭打機を必要とせず、施工性に優れています。
  • 支柱が鋼管型で、支柱の加工も最小限に抑えており、外観がスマートです。
  • 実物大衝突実験により、確かな落石防護機能を実証しています。

NETIS登録番号:HK-170009-A

プラクトフェンス

可能吸収エネルギー:〜60kJ

  • 基礎をアンカー構造としているため、コンクリート基礎が必要がなく、ほとんど地山を傷めることなく山腹への設置が可能です。また、既設柵の老朽化取替え対策として道路際にも設置できます。
  • 足場や大がかりな建設機械を使用せず、短時間で施工することができます。落石により損傷した支柱、金網等の部材の交換も容易に行えます。
  • 養生期間がなく、各部材が軽量であることから、荷揚げ・撤去作業を効率よく行うことができます。緊急を要する災害復旧の仮設防護工としても対応可能です。

NETIS登録番号:HK-120028-VE

ビストフェンス

可能吸収エネルギー:〜300kJ

  • 新たな支柱構造、金網、衝撃緩和装置の組み合わせで落石エネルギーを効率よく吸収し、部材への負担を軽減します。
  • アンカー基礎及び軽量部材のため、道路際だけでなく山腹斜面での施工も容易です。
  • 山側からの施工が可能なため、原則として単管足場などの仮設が不要です。維持補修も容易です。
  • コンクリート打設が不要のため、工期の短縮が図れます。災害復旧など緊急を要する仮設防護に最適です。

エスプレッドフェンス

可能吸収エネルギー:〜1000kJ

  • 端末部に設けたEAロープ(高エネルギー吸収ロープ)は、落石が衝突した際に伸びながらエネルギーを吸収し衝撃を緩和します。この特性により各部材への負担を低減することができます。
  • 短い延長でも優れたエネルギー吸収能力を発揮します。
  • 阻止面に設けたホールド材により、落石の衝突エネルギーを柵全体に伝播・分散する効果があり、衝突時の変位を抑制します。
  • 実物大重錘衝突実験により、1000kJの衝突エネルギーを捕捉することを確認しています。

FMF(フレキシブルマイティーフェンス)

可能吸収エネルギー:〜800kJ

  • ワイヤロープの伸びと衝突前後のエネルギー差によって落石エネルギーを吸収する構造で、ケーブル及び支柱は弾性限度内の許容耐力で設計しているため、繰り返し落石を受けることが可能な高エネルギー吸収防護工です。
  • 一般に道路際にコンクリート基礎とともに設置します。
  • 支柱間隔は5.0mを、柵高は3.0mを標準仕様としています。
  • 補修の必要が殆どなく、落石をはらまないため除石作業も簡単で、維持管理が容易に行えます。

NETIS過去登録番号:SK-980053-A

SCS(サスペンションケーブルスクリーン)

  • ワイヤロープの伸びと衝突前後のエネルギー差によって落石エネルギーを吸収する構造で、ケーブルは弾性限度内の許容耐力で設計しているため、繰り返し落石を受けることが可能な高エネルギー吸収防護工です。
  • 落石や土砂災害の集中する危険性が高い沢状地形に設置します。
  • 渓流河川の土石流・流木防護工や雪崩防護工としても応用できる幅広い工法です。

NETIS過去登録番号:SK-010019-A

お問い合わせ

ページ上部へ