ページ内を移動するためのリンクです

法面関連製品 落石防護網

さまざまな落石パターンをデータ分析し、高い安全性を確保する落石対応製品を開発いたしました。
設置状況に合わせ豊富なラインナップを揃えています。

ポケット式ロックネット

  • ワイヤロープと金網で構成されたネット部で落石エネルギーを吸収します。
  • 可能吸収エネルギーは約50~150kJです。
  • 路側に余裕のない道路際の対策工として、切土斜面などの凹凸の少ない斜面に向いています。ネット上部は開口しているため、高所で発生した落石に対応、捕捉可能です。
  • 縦ロープ間隔3.0m、横ロープ間隔5.0m、支柱間隔3.0mを標準としています。

NEW
クロスプラス

  • 従来型式の強度より1ランク以上の性能を実現し、さらに安価で対応可能となりました。
  • クロスロープを衝突面に対角線上に設置することで、衝突面が補強されます。さらに補強ロープを追加することにより、どの衝突面でも安全に落石を捕捉することが出来ます。
  • 従来品と同様の部材を使用しますので、大掛かりな施工機械なども不要で吊足場で施工可能です。

ショートハンガー工法

  • 従来、ポケット式ロックネットでは構造上、ネット上部に大きなスペースを必要としていました。ショートハンガー工法は、新型アンカーを採用により吊ロープを短尺化し、施工面積を大幅に縮小することができます。これにより施工用地の買収面積を少なく抑えることができます。

覆式ロックネット

  • ワイヤロープと金網で構成されたネットで落石の危険性のある斜面を覆い、落石を安全に法尻まで導きます。
  • 設計荷重は4.0m×10.0m=40.0m2当りの負担荷重で設計し、対応可能な落石質量は5~15kN/40m2程度です。
  • 立ち木のほとんどない斜面や切土砂面などの凹凸の少ない斜面に向いています。
  • 縦ロープ間隔4.0m、横ロープ間隔10.0mを標準としています。
  • 軽量で安価な部材の使用により、施工が容易で経済的です。

カーテンネット

  • ワイヤロープと金網で構成されたネット部で落石エネルギーを吸収します。弾性限度内の許容耐力で設計しているため、繰り返し落石を受けることが可能な高エネルギー吸収防護工です。
  • 可能吸収エネルギーは約300~500kJです。
  • 路側に余裕のない道路際の対策工として、沢状地形や凹凸の多い自然斜面でも施工可能です。ネット上部は開口しているため、高所で発生した落石に対応、捕捉可能です。
  • 縦ロープ間隔3.0m、横ロープ間隔6.0mの間に補強ロープを1.0m間隔で設けています。支柱間隔は30.0m程度まで施工可能です。

CCM協会 提供

NETIS過去登録番号:SK-980029-VE・CCM協会 カーテンネット実証実験

カーテンネットライト

  • 高強度で柔軟なワイヤロープを最上段横ロープと支柱吊ロープに使用し、ロープ間隔を1.0mと密に配置しているため、回転しながら落下してくる鋭利な岩塊も金網を破られることなく受け止めることができます。
  • 支柱間隔を大きくとれる構造となっているため、安定した箇所を選んで支柱を設置することが可能です。また、落石による支柱損傷のリスクも低減できます。
  • 支柱高さを2.5m~7mと高くし、開口部が大きいため、高所で発生し跳躍しながら落下してくる岩塊も確実に捕捉します。

カーテンネットスーパー

  • 落石吸収エネルギーを1000kJまで向上させた強化型です。
  • ネット上部が大きく開口しており、落石を確実に受け止めます。
  • 補強ロープを密に配置することにより、金網部からの落石の突き抜けを防止します。
  • 弾性限度内での設計となっているため、繰返し落石を受け止めることができます。

プラスネット®・プラスネットハニー®

  • 主ロープで連結された4本のアンカーの中心に新たにアンカーを増設することにより各アンカーにかかる負荷を軽減、従来型予防工の2倍の強度を実現しました。
  • 豊富な規格バリエーションを取り揃えており、施工場所に見合った型式を選定することができます。
  • 引抜方向にも抵抗できるTSKブレイクアンカーを採用しました。
  • エアーパンチャーでは施工が困難であった地質でもエアーハンマーを使用することにより問題なく施工が行えます。
  • 優れた密着性(プラスネットハニー)
    従来の金網構造を一新し、軽く強固なハニーネットを採用したことで密着性と施工性が向上しました。

NETIS登録番号:HK-150003-A

ロープネット

  • ワイヤロープを格子状に組み、斜面に点在する浮石・転石の初期始動を予防して現位置にて押え込む、発生源対策工です。
  • 岩盤斜面、土砂斜面を問わず、広く対策工として使用可能です。
  • 縦ロープ間隔2.0m、横ロープ間隔2.0mを標準としており、縦・横ロープ交差部にはアンカーを設けています。更に補強ロープを0.5m間隔で設けています。
  • 立木の伐採を最小限に抑えて施工が可能なため、自然の美観を損なうことなく落石対策が可能です。

NETIS過去登録番号:SK-980038-V

マイティーネット

  • 特殊金網(厚ネット)を法面に密着させ、斜面に点在する浮石・転石の初期始動を予防して現位置にて押え込む、発生源対策工です。
  • 岩盤斜面、土砂斜面を問わず、広く対策工として使用できます。
  • 縦ロープ間隔2.0m、横ロープ間隔2.0m(2×5型は5.0m)を標準としており、縦・横ロープ交差部にはアンカーを設けています。
  • 土砂部の浸食を少なくすると共に、法面の安定および緑化促進にも優れています。客土・種子吹付工、モルタル・コンクリート吹付工等の下地材としても使用できます。

NETIS登録番号:KK-100030-V

ミラフォースⅠ

  • 不安定な移動層の地すべりによる表層崩壊を予防する優れた効果があります。
  • 軽量で足場が不要なエアーハンマーを使用するので、従来足場が設置できない高所や狭所などでも施工できます。
  • MF杭の杭頭部をロープで連結することにより、優れた斜面安定性が期待できます。
  • 自然林の美観を損なわずに施工することができます。
  • 構成部材の表面処理は、亜鉛めっきを施しているので耐久性に優れています。

NETIS登録番号:HK-160010-A

TFF(タフフレキシブルフレーム工法)

  • アンカーボルトによる地すべりへの抵抗の増加と、地表部に設置された支圧羽根板とアンカーボルトとの複合機能と連結ロープで繋ぐ相互作用によって、斜面のすべり崩壊を予防する工法です。
  • 表土の厚い法肩部や斜面のすべり崩壊が懸念される箇所で、表土厚が3.0m程度以下の箇所の対策工として使用可能です。
  • 落石予防工であるロープネット工やマイティネット工との組合せ施工ができます。
  • 立木の伐採を最小限に抑えて施工が可能なため、自然の美観を損なうことなく斜面安定対策が可能です。

NETIS過去登録番号:SK-010018-V

ロープ掛工

  • ワイヤロープにて斜面上にある大きな単体の岩塊の初期始動を防止して、現位置にて押え込む発生源対策工です。
  • 設計は対象岩塊が落石となる際の荷重をワイヤロープで斜面に保持させる検討を行い、必要なロープ本数を設計します。
  • 設置するロープ間隔、ロープ本数は対象岩塊により都度設計を行うため、標準仕様はありません。
  • ロープネット等、他の発生源対策工との併用も可能です。

お問い合わせ

ページ上部へ