ページ内を移動するためのリンクです

鋼構造関連製品

世界最高レベルの品質と評価されるワイヤロープ。
ランドマークにも数多く使用されています。

橋梁用ケーブル

  • 関門橋・瀬戸大橋をはじめ明石海峡大橋にいたるまで、多くの実績を重ねてきたTSK橋梁用ケーブル。その最高レベルの技術・品質・精度は国内だけでなく、海外からも高い評価をいただいています。当社では、橋梁用ケーブルとしてNEW-PWS、PWS、スパイラルロープ、ロックドコイルロープ、ストランドロープと豊富な種類を用意。中規模の橋から長大橋まで、さまざまな橋に対応しています。

建築用ケーブル

  • 代々木総合体育館以降、加速度を増して発展する大空間建築。そうした様々な構造とデザインの融合の一翼を担ったのが、構造用ケーブル。「高い引張強度」「曲げ使用ができる柔軟性」などの数々の優れた特性は、設計の自由度を大いに向上させています。近年、構造用ケーブルは中小規模建築におけるガラス支持などの新構造にも活用され、その用途はさらに広がりをみせています。

小規模吊橋

  • 吊橋は自然環境と調和し、安全の中にもスリルを味わえることに最大の魅力があります。ワイヤロープが創り出す曲線と直線のシルエットは橋の美しさを一層引きたてます。弊社では、設計から製作、施工に至る一貫したシステムでご用命にお応えします。

健全性診断

  • ワイヤロープは劣化状況を定期的に調査し、適宜対処することが安全面において非常に重要です。 当社の「健全性診断」は、ワイヤロープの用途や使用環境に応じて腐食、断線、張力を独自のシステムで測定し、データを分析して劣化の度合を正確に評価。安全上の問題点を抽出し、必要なメンテナンスを施します。

パイプ型落橋防止システム

  • パイプをスライドさせることで伸縮に対応。ロープの曲げに対しては偏向具ではなく、パイプの塑性変形で対応させるシンプルな構造になっています。
  • コンパクトな設計となっており、スペースが狭く従来のブラケットでは設置が困難だった箇所にも設置することが可能です。
  • ロープ自体にめっきが施してあり、さらにポリエチレン被覆、パイプの3重防食を実現。高い防食性能を確保します。

お問い合わせ

ページ上部へ